FC2ブログ



W杯グループA 誤審と思われるオフサイドで得点認められずもメキシコが1-0でカメルーンに競り勝つ 

ブラジルと同組のグループA。メキシコとカメルーンの試合は雨が降りしきる中おこなわれ、メキシコがやや押し気味の展開で時間が進みます。前半29分、メキシコのCKがカメルーンの選手に当たり、角度が変わったボールをメキシコの10番ドスサントスが頭で押し込みゴールかに思われましたが、誤審と思われるオフサイド判定。前半は0-0で折り返します。後半に入ってもメキシコのペースで試合は進み、16分にはドスサントスのシュート...