FC2ブログ


【コラム】フォルランがセレッソおよび日本人を批判した背景

forurann.jpg



フォルランがウルグアイTVのインタビューで赤裸々にセレッソ、日本人批判をしていたのは衝撃だった。

相当ストレスを抱えていたのだろう。日本に来日した当初は降格するなど夢にも思わなかったと語っていた通り、開幕当初は躍進が期待されていたしチームにもポジティブな空気が流れていた。

しかしクルピの代わりに招聘されたポポヴィッチの目指すスタイルがなかなかチームの中に浸透せずACLグループリーグ敗退、リーグでも苦戦が続き早々に解任。その後二度の監督交代など泥沼に嵌ったセレッソは元ドイツ代表のカカウをカンフル剤として獲得するも時すでに遅し。

フォルラン自身も低迷するチームの中でパスが来ず苛立ちをピッチ上で露わにするなどある意味ではセレッソのチーム状況を映し鏡でみているようだった。

結局最後まで若手の多いチームにあってチームを立て直すことは誰にも出来なかった。年俸6億という大金をもらっておきながらチームの救世主になれなかったフォルランを批判する人も多い。

私もインタビューに関して苦言を呈するならフォルランはセレッソしか知らない以上日本人批判はお門違いだし、同じ助っ人という立場ながらこのインタビュー含めカカウは最終節に向けて練習参加しているのと悪い意味で対照的だ。

しかし、一番の責任はフロントにある。果たしてフォルランの受け入れ態勢は万全だったのか?これに関しては疑問しか残らない。監督人事しかりフォルランとの意思疎通しかりだ。

今シーズン、Jリーグの中で一番の目玉といえる選手なだけにこのような結末になり残念で仕方がない。





レアルの中井卓大君のランダム動画
関連記事


他サイトのサッカー情報をチェック!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する