ブラジル代表リカルド・グラール、広州恒大に移籍

ricardo-goulart.jpg
イメージ転載元paraibaurgrante


2013年にACLを制し昨年の中国スーパーリーグ王者でもある広州恒大は13日、クルゼイロからリカルド・グラールを獲得したと発表した。

昨年9月にブラジル代表デビューを果たし、昨年は国内リーグで26試合15得点を記録していた。現役ブラジル代表とあってか年俸は中国リーグ史上最高額になるとみられている。

昨年は王者として臨んだACLもベスト8に終わり王座奪還に向けての補強だと思われる。

外国人枠もディアマンティがフィオレンティーナに移籍したことで問題はなくなったが、これでグラール含め、昨年中国スーパーリーグ得点王のエウケソン、元イタリア代表のジラルディーノと外国籍の選手が前線に固まってしまった。

新監督であるカンナバーロは新年早々、選手起用で贅沢な悩みを抱えることとなった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する