《コパ準々決勝2ndレグ》マドリードダービー ~プレビュー~

レアル

イメージ転載元47NEWS


15日にベスト4を懸けてレアルホーム、サンチャゴ・ベルナベウでコパ・デル・レイ第2戦が行われる。

第1戦は敵地ビセンテ・カルデロンで宿敵アトレティコに0-2で屈したレアルは3点差をつけての勝利が次のラウンドに進む絶対条件となっており、ベストメンバーで臨むことが予想される。

直近のエスパニョール戦は3-0で勝利こそしたものの、連勝街道を突っ走っていたときに比べると恐さがなかった。

その原因の1つとしてクロースの勤続疲労が考えられる。馴れないアンカーでここまでチームを操ってきたが、元はトップ下が本職の選手。求められる運動量も違う中、知らず知らずのうちに疲労が蓄積していても不思議ではない。

最近では疲労の影響からか、元々不安な守備も簡単にボールホルダーに足を出してしまい、持ち味であるパスセンスも生かしきれないシーンも目立つ。

アトレティコとの試合は目まぐるしい攻防が予想されるだけにクロースが中盤をどれだけオーガナイズできるかがレアルの勝利のカギを握る。

一方、アトレティコはスタメンが予想しづらい。第1戦は控え中心で臨み素晴らしい結果を手にした。

しかしレアルがベストメンバーで挑んでくる事は目に見えており2点差というアドバンテージもレアルの爆発力を前にすれば安心はできない。そして直近のバルサとの熱戦から選手達の体力、メンタル共にどれだけ回復しているかも気になるところ。

バルサとの試合は攻守共に圧倒されチャンスを作れなかった。バルサ戦は右サイドバックに本職ではないヘスス・ガメスを起用するもそれが攻守の機能性を落とし裏目に出ただけに、BBCトリオ対策としてシメヨネがどういった選手起用を見せるかも注目だ。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する