FC2ブログ


《日本代表》 アギーレ解任。八百長告発受理で決断

アギーレ解任
イメージ転載元sanspo.com

JFA(日本サッカー協会)は3日、日本代表監督ハビエル・アギーレを八百長告発が受理されたことを理由に解任したことを発表した。アジア杯ベスト8で終わったことを考えると次のテストマッチまで結論を引き延ばしにするよりもこのタイミングで正しかったと思う。

ただ、筆者は前の記事でも表記したがアギーレ擁護派だった。ザック時代よりも選手交代は的確だったし、戦術の変化も見られた。それだけに本人の責任ではあるが実に残念だ。

後任は3月までに発表すると大仁会長は語っていたが、Jリーグから監督を引き抜くことはないとも語っており、メディアなどを見ているとザック再任や、ブラジルをW杯優勝に導いたこともあるスコラーり、前名古屋監督すストイコビッチなどが候補として挙がっている。

しかし、ザックはそうそうに否定していたし、他の人物との交渉も不透明だ。今後の監督人事、そして任命責任が問われているJFAはまだまだやらねばならないことが多々ある。

ただ一つ言いたいのが、日本サッカーが現在直面している問題の本質がアギーレの八百長問題でうやむやになっている気がするのは筆者だけだろうか。

JFAは監督を早急に決めたいのだろうが、日本サッカーが今つきつけられている問題である若手の底上げ、成長への指針を示してくれる監督をじっくり決めるべきだ。

また0からのスタートを切る羽目になった日本代表。それはブラジルW杯からこれまでの時間、日本は他国に比べて大きな後れを取ったことを意味する。

次の監督が誰になるか気になるところだがそれと同時にJFA内で誰が責任を取るか。これにも注視していきたい。







レアルの中井卓大君のランダム動画
関連記事


他サイトのサッカー情報をチェック!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する