《注目選手》ミルコ・ヴァルディフィオーリ ポジションDMF 国籍イタリア

ヴァルディフィオーリ
イメージ転載元goal.com

“レジスタ”といえばピルロを挙げる人が多数いるだろう。昔でいえば、アルベルディーニ、個人的にはリベラーニもそれに当てはまる。

最近ではパリに所属するヴェラッティなどもピルロの後継者として注目を集めているが、そこに割って入ろうという選手がブロンビチャのエンポリに存在する。


それが今回紹介したいミルコ・ヴァルディフィオーリだ。

遅咲きのレジスタで、先日のイングランド代表とのテストマッチで28歳ながら初キャップを刻んだ苦労人だ。

それも経歴を調べてみると今季がセリエA初挑戦というから驚きだ。


これまでセリエBとセリエCでしかプレーしたことなく、陽の目を浴びることのなかったヴァルディフィオーリ。


この一年で大きく環境が変わったことに本人も戸惑いを隠せず、イングランド代表との一戦の前夜は興奮して眠れなかったと本人も語っている。


しかし、エンポリで印象的なパフォーマンスを見せるヴァルディフィオーリはイングランド代表戦でも確かに周りと遜色ないプレーを見せた。


早くも今回のブレイクを受けてナポリなどが獲得に動くとの報道まで出ている。

ただ、ヴァルディフィオーリは地に足をつけたキャリアをこれからも歩むはずだ。

これまで苦労に苦労を重ねた謙虚なレジスタは、ピルロにまだまだ大きく及ばないことは理解しているし、良いパフォーマンスを見せなければ、アズーリのユニフォームを身に纏うことが出来ないことを自覚している。

ヴァルディフィオーリが来季、ブレイクするきっかけを与えてくれたエンポリでプレーするのか、それとも前述の通り、ステップアップを選択するのかは現時点では不透明だ。しかし、今のプレーを続けられれば代表に定着できるはずだ。









コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する